中古の家の買い替えは無理なので住宅ローンはどんどん繰り上げ返済を

我が家が中古で買った家を売って、引っ越したのは6年前のことです。

その家には15年程住んでいたので、その間不動産関係のチラシも見ていませんでした。

そして、いよいよ家を売りに出した時、3軒ほどの不動産会社に査定をしてもらいましたが、いずれも1,000万円を切った価格なのです。

夫も私も唖然としてしまいました。

こんなに中古の家の価格が下がっていたとは考えてもいませんでした。

もう築20年を少し超えていましたし、デフレ真っただ中でしたから購入価格よりは下がることは覚悟していましたが、まさか購入価格の1/4程度の価値しか無くなっているとは・・・。

しかし、売り出し価格はそれより大分高い所から始めました。

しかし、頼んだ不動産会社は買い手が付かなかった場合に不動産会社が買い取る価格より50万円位高く買ってくれる買い手がいたらしく、あまり熱心に売ってくれませんでした。

一般媒介で売ったので、他県から見に来てくれたお客さんもいましたが、肝腎のうちが頼んでいた会社はネットに載った記事もごく一般的でした。

その後、いよいよ引っ越しが近づいてきた頃、別の不動産会社が売りましょう、と来てくれましたが、こちらはその日のうちに作ったチラシを近所に配ったり、ネットも近所のスーパーやドラッグストア等まで写真入りで乗せ、家も南向きなので日当りの良い時間に写真だけでなく、動画も撮って載せてくれました。

一般媒介にしていたのに、うちが頼んだ会社が、「うちを通すように他の会社には逝って下さい」と言われていたのでそうしていましたが、一般媒介なのですから、他の会社にもどんどん頼めば良かったです。

結局その、最低の買取価格+50万円でしか売れず、住宅ローンの残高は新しい家のローンに上乗せとなってしまいました。

現在、特に東京のベッドタウンでは新築の家も安く買えます。

そろそろ景気が良くなってきたので少し上がると思いますが、中古の家は余程広いとか駅まで5~6分の立地とかでないと思ったような価格では売れません。

若い方で家を買って次に買い替えを・・・という考え方は現在は止めた方が良いと思います。

買うなら自分達の希望に出来るだけ近い新築の家を買って、後に建て替えをした方が土地代も掛かりませんから、お得だと思います。

今は、中古の家を売るなら、それまでにどんどんローンを繰り上げ返済することが一番大切なことだと思います。

ローンが減っていたら、買い換えもスムーズに出来ます。

新築の家を買って後に売るとしても、ローンを繰り上げ返済していれば元金が減っているので少しくらい家の価格が下がっても負担は少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です